中性脂肪を下げる!1000mg/dlは異常!動脈硬化に注意!

中性脂肪とは

中性脂肪(トリグリセリドと同義/TGと表記されることもある)とは、人間の体が活動するときのエネルギー源となる物質です。そしていざという時のエネルギーとして脂肪として内臓に蓄えられます。

ですから、中性脂肪は数値として高過ぎることは問題なのですが、必要不可欠なものであることも覚えておきたいところです。

人間ドックや健康診断において、脂質系と呼ばれるものは下記4つあります。

 総コレステロール(TC)

 HDLコレステロール(善玉コレステロール)

 LDLコレステロール(悪玉コレステロール)

 中性脂肪(TG)(トリグリセリド)

この4つのうちの一つが中性脂肪ということになります。

中性脂肪の正常値

中性脂肪の正常値は30~149mg/dlです。血液を採取して調べます。調べ方には酵素比色法やグリセロール消去(可視吸光光度法、紫外吸光光度法)と呼ばれるものがあるようです。

日本人間ドック学会の判定区分では、

 30~149   異常なし

 150~199  軽度異常

 200~299  要経過観察・生活改善

 ~29/400~ 要医療/要治療/要精検

 (値の高低、所見によって要治療/要精検のいずれかを採用するかは任意)

中性脂肪の数値が高くなるとどうなる?

中性脂肪の数値が高くなると主に次の2つの病気を引き起こす可能性が高くなります。

 脂肪異常症

 脂肪肝

脂肪異常症に関しては、こちらの「脂肪異常症が原因の病気は?動脈硬化で心筋梗塞にも!」も参考にしていただければと思いますが、脂肪異常症になると、動脈硬化になる可能性が高くなり、それにより心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などを引き起こす危険性があります。

また、脂肪肝は、中性脂肪が蓄積して全肝細胞の30%以上が脂肪化している状態をいいますが、放っておくと肝硬変になり、肝臓がんを発症しやすい状態になってしまいます。

image3344

中性脂肪の数値が高くなると引き起こす病気

 脂肪異常症 → 動脈硬化 → 心筋梗塞・狭心症・脳梗塞

 脂肪肝 → 肝硬変 → 肝臓がん

中性脂肪が高くなる原因

いわゆる生活習慣の問題が主な原因です。食べ過ぎ、お酒の飲み過ぎ、運動不足、肥満。特に、お酒の飲み過ぎには十分注意する必要があります。

原因がわかったら中性脂肪を下げる対策も簡単にわかると思います。実施するのは意外と難しいのですが。。

image3344

中性脂肪が高くなる原因

 食べ過ぎ

 お酒の飲み過ぎ

 運動不足

 肥満

中性脂肪値が1000mg/dlを超えている方もいますが異常です!

友人に中性脂肪値が1000mg/dlを超えているという方がいました。主な原因は先ほどの食べ過ぎ、お酒の飲み過ぎ、運動不足、肥満、になるのですが、毎晩大量の飲酒を何年も続けていれば中性脂肪が1000mg/dlを超える異常な数値となってもおかしくありません。アルコール自身が中性脂肪になりうるものなのですが、さらに、糖質も中性脂肪となりますのでお酒は控えるべきですね。

中性脂肪値が1000mg/dlを超えているという方は異常な数値になっていますので、直ちに対策が必要です。

中性脂肪を下げる対策・方法

中性脂肪を下げる対策は、中性脂肪が高くなる原因をなくすことです。このサイトでは何度も出てきますが、とにかく適度な運動(有酸素運動)と食事制限です。

image3344

中性脂肪を下げる対策・方法

 適度な運動(有酸素運動)

 食事制限

有酸素運動で中性脂肪を下げる

なかなか運動する時間を確保するのも大変だとは思います。けれども少しでも時間を作って運動するようにしましょう。例えばエレベーターを使わずに階段を使って登り降りをするというだけでも違います。

私の経験で言うと、半年間10kmを毎日走る(マラソン)よりも、半年間1時間を毎日歩いた方が良いと思います(軽いランニングやウォーキング)。私はこの方法で5kgは痩せました。

有酸素運動は中性脂肪を下げるだけではなく、血糖値も下げてくれます。とにかく、有酸素運動は良いことだらけですから、とりあえず1日5km歩くことを目安にがんばってみると良いかも知れません。

中性脂肪を下げる食事・食べ物

私は心筋梗塞を経験しましたが、心筋梗塞に限らず、脳梗塞や末梢動脈疾患などの動脈硬化、それから糖尿病を予防し対策をとるための食事・食べ物に関しては食生活を改善しなくてはなりません。どういった食生活に改善するべきか、という点においては、こちらの「食生活を改善する-心筋梗塞にならないために-」「脂質異常をやわらげる、心筋梗塞を予防・改善する食事や食べ物」を参考にしていただければと思います。

基本は、こちらを実践しつつ、後は、栄養素をバランスよくとる事が大切です。

青魚(イワシ/マグロ/ハマチ/サバ/マダイ/ブリ/サンマ/うなぎ)に含まれるDHAやEPAは中性脂肪を下げてくれたり、血液の凝固を防いでくれる効果があると言われています。より早く確実に中性脂肪を下げたいという方は、運動や食事制限と併せてこういったサプリメントなどを利用するのも良いでしょう。

食事・食べ物に関しては、こちら「心筋梗塞をきっかけに食事・食べ物はじっくり選ぶ!」も参考にしてみてください。

スポンサードリンク

中性脂肪を下げるなら補助的に。DHA/EPAのドリンクで。
イマークS

中性脂肪を下げるなら補助的に。DHA/EPAのサプリメントで。
DHA&EPAオメガプラス