心筋梗塞の体験から1年経って思うこと

      2017/08/31




この心筋梗塞体験記録は、私が2015年8月に心筋梗塞になり、これまでの生活や人生、そしてこれからの生活や人生について、本当に健康って大切なんだなぁと思い、それをみなさんと共有したいと感じてサイトを作ってきました。

個人のサイトなので、しっかりとまとまっているわけではありませんし、素人っぽさが満載のサイトですが、これからも日々更新していきたいと思っています。

とはいえ、サイトの中身は内容的にもお堅い感じになってしまっているので、ふっと思ったことや短い文章のコンテンツがなかなか作れない状況になっていました。

それは個人的にも寂しいですし、義務感やら使命感やらといったものを勝手に感じ、そしてそれが邪魔になっていて、それはそれでつまらないと思っていました。

違うドメインのサイトでブログでも開こうと思いましたが、今のところはこのサイトでブログの枠を設けて、思い立ったら何か書いていければいいなぁと思っています。

私が心筋梗塞になってから1年が経ちました。今でも不安はありますが、おかげさまで、日々普通に生活をさせていただいております。

ただ、この1年何も感じず普通に過ごせたかというと、そうではありませんでした。やはり不安な時もあります。

苦しくなって、倒れた時の感覚に似た症状に陥り、救急で診てもらったことがこの1年で2回あります。けれども、調べてもらうと異常がないんですね。点滴してもらって終わり。みたいな。

確かにあの時苦しかったのに何もないなんてどういうことだろう??一度倒れて死にそうになると、無意識のうちにここまで不安になるのか、不安からあのときの症状を引き出してしまうのかわからないのですが、とにかくこういうことが1年のうちに2回もありました。

そりゃあれから心臓の一部も壊死してますし、時々変な動きをするのかも知れないですし、そのときの発作なのかもしれないですし。。心臓がそういった状態なので時々発作的に不整脈を起こしてもおかしくはないとは思っていますが。。

お医者さんも言っていました。完全に100%問題なく、間違いなく大丈夫ということはありえない。本当にいつどのような発作や症状が出るのかは、症状が出た時に検査していないとわからない。まぁそりゃそうですよね。確率の問題と言えばそれまでですし。

そんなこんな言いながらも、ありがたいことにこうして私は生かされています。これは私がまだ生きていなければならない何かの使命があるからかもしれません。と、勝手に思いつつ、どなたかがこのサイトのどこかの記事を読んでくれて、その時でも良いので、ご自身が健康について考えていただければ幸いです。

「身近な方が心筋梗塞になって倒れていますから、私も健康に気をつけるようになりました!」と言いながら、隣でラーメンの汁を全部飲み干してしまっている友人を見て、私はどんなアドバイスができるだろう。。と、思いつつ。これからもよろしくお願いします。

 - 日々健康を思うブログ