心筋梗塞の予防と改善

心筋梗塞の予防と改善

まず最初に私のことを含めて、大抵の方に関してあてはまることです。こちら、心筋梗塞の原因は動脈硬化にも書きましたが、心筋梗塞の原因は運動不足喫煙食べ過ぎです。これが原因で動脈硬化になりうる脂質異常症になり、そして心筋梗塞とつながっていきます。もちろん、心筋梗塞だけではなく、狭心症、脳梗塞、末梢動脈疾患、糖尿病になる可能性も秘めています。この原因を潰すことが心筋梗塞やその他の重大疾病の予防・改善につながります。

運動不足の解消

塩分やコレステロールを控えた食事

禁煙

とにかくこれが重要です。

運動不足の解消

ウォーキングなどの有酸素運動が良いと思います。自分は半年間10kmを毎日走ったのに痩せなかったけど、半年間1時間を毎日歩いたら5kg痩せました。ランニングよりもウォーキングの方が消費カロリーが多いってこともアプリで測定してみてわかっています。

ちなみに私の場合、大抵10kmを約2時間で歩きます。1時間歩くというのは5kmを目安に歩けば良いと思います。とにかく運動不足解消 = 5km歩く。そう思ってやってみてください。これなかなか実践できないと思いますがやってみる価値ありです!

肥満やメタボも脂肪異常症の原因となっています。つまり肥満やメタボの人も、その体型だけで言っても心筋梗塞や狭心症になりやすい体型ということになります。健康のために運動!という意識よりダイエットのために運動!という意識の方が運動する気分になるのでしょうか。とにかくダイエットのためは健康のため。運動は欠かせませんから少しでも良いので毎日運動する習慣をつけましょう!

塩分やコレステロールを控えた食事

入院中に栄養士の方が今後の食事についてアドバイスをしてくれていたので、ついでと思っていろいろ質問して聞いてみました。

心筋梗塞の予防・改善として、

・脂質などコレステロールの取り過ぎないように注意する

・肉よりも魚や野菜を摂取する

・栄養バランスのとれた食事を心がける

・肥満に注意

・お酒は適量

と言うのがあって、今後自分も大好きな家系ラーメンを2度と食えないから諦めなきゃならないんですか?と。回答はこんな感じです。今ままでの食事がまったくできないかというとそういうわけではなく、これらを極力気をつけて生活していくことは大切なことですが、とにかく塩分を控えることが重要

これはちょっとうれしい回答です。コレステロールをあまり摂取しないとか、魚や野菜中心の食事にしてみるとか、多少は気をつけます。でも、とにかく塩分・コレステロールさえ気をつけていればいいんですね!というところに救われたような気がします!病気をすると、もう二度と食べたり飲んだりすることのできないものがたくさん増えるのかぁ。。と思いがちですが、そうではなく、バランスさえ保てば今までの食生活もたまにはできる!ということなんです。

ちなみに塩分は1日6.0gにおさえます。日本人の平均は1日13.0gらしいです。コレステロールは1日200mgにおさえます。

こちら「トップページの食生活を改善する」と、「心筋梗塞を予防する食事や食べ物」も参考にしていただければと思います。

禁煙

タバコを吸う方は禁煙は相当に大変でしょう。私もそうでした。「タバコ吸ってたら、いつか健康を害して死ぬよ!」って言われてもピンとこないし、これでは辞めないでしょう。。「この状態であと1本吸ったら死ねるよ!」となって。。そりゃ辞めるでしょ!という感じでぱったりタバコを辞めることができました。タバコ辞めるくらいなら死んだほうがマシという方もいるでしょうけど、この1本吸ったら死ぬっという状態になったら辞めると思いますよ。そういったわけで自分はタバコを辞めることができています。

その他

その他の心筋梗塞の予防・改善ということでみると、下記のような生活改善系のことがいろいろと出てきています。気になる方は改善していきましょう!そうは言っても、私が総合的に判断するに、運動不足の解消、塩分やコレステロールを控えた食事、禁煙が重要だと思います。

・短気な性格を改める

・ストレスを溜め込まない

・寒暖の差に気をつける

・規則正しい睡眠を取る

・定期的な血液検査で動脈硬化の進行度をチェックする。