心筋梗塞は生活習慣病の延長!生活習慣病に該当する4つの病気とは?

生活習慣病とは

生活習慣病の代表的な例は下記になります。

image3344

 肥満

 高血圧

 高血糖(糖尿病)

 脂質異常症

これら4つは死の四重奏と言われています。

これらの病気が重複すればするほど命が危険になっていきます。

メタボの基準からすると(厚生労働省のメタボ診断基準は?最新の2016年版紹介!を参考にして下さい。)、

image3344
メタボは、

 肥満+(高血圧/高血糖(糖尿病)/脂質異常症)のうち2つに該当

メタボ予備軍は、

 肥満+(高血圧/高血糖(糖尿病)/脂質異常症)のうち1つに該当

となっているので、メタボの対象もしくはメタボ予備軍の対象の方はかなり危険だと認識しておくべきです。ちなみに、私が経験しているのは脂質異常症のみでした。

私の体験(心筋梗塞体験記録)からもわかると思いますが、生活習慣病という病気はどれか単独でも死に至る恐ろしい病気です。

生活習慣病になるとどうなる?

生活習慣病は、動脈硬化をもたらします。動脈硬化についての詳しい内容に関しては、こちらの動脈硬化とは?も参考にしていただければと思います。

動脈硬化とは、動脈にコレステロールや中性脂肪などが溜まってしまって、それが詰まったり硬くなってしまって血液の流れが悪くなる状態のことを言います。さらに症状が進むと、血栓がつまってしまって血管を完全に塞いでしまうことになります。

この動脈硬化はサイレントキラーと呼ばれ、自覚症状がほとんどないまま病気が進行していきます。このまま対策も取らずに放っておいてしまうと、私が経験した心筋梗塞であったり、脳梗塞になってしまいます。

image3344

生活習慣病(肥満/高血圧/高血糖(糖尿病)/脂質異常症)は

心筋梗塞・脳梗塞(動脈硬化)になってしまう!

生活習慣病のまとめ

肥満・高血圧・高血糖(糖尿病)・脂質異常症の4つは生活習慣病と言われています。生活習慣病という文字自体が重い病気であることを連想させないものなのですが、実は本当に恐ろしい病気なのです。

肥満の方は心筋梗塞や脳梗塞になる可能性を孕んでいます。

高血圧の方は心筋梗塞や脳梗塞になる可能性を孕んでいます。

高血糖の方は糖尿病になり、そして心筋梗塞や脳梗塞になる可能性を孕んでいます。

私がそうであった脂質異常症の方は心筋梗塞や脳梗塞になる可能性を孕んでいます。

生活習慣病のそれぞれの病気には、それぞれに合った対策が必要になります。

共通して必要となる対策は、運動と食事制限です。

肥満の方は無理してでもとにかくダイエット!痩せる!減量!メタボ・肥満解消!

高血圧の方は高血圧を予防!なぜ減塩?塩分とナトリウムの関係は?

高血糖の方は糖尿病の原因から対策まで!動脈硬化になる前に血糖値を下げる!

脂質異常の方は脂質異常をやわらげる、心筋梗塞を予防・改善する食事や食べ物

を参考にしていただければと思います。みなさんが健康で過ごせていけるよう祈っております。