無理してでもとにかくダイエット!痩せる!減量!メタボ・肥満解消!

メタボ・肥満解消を目指せ!

メタボ・肥満はとにかく危ない。危険です。生活習慣病のスタート地点はメタボ・肥満です。メタボの基準はこちら厚生労働省のメタボの診断基準は?最新の2016年版紹介!を参考にしていただければと思います。

この記事を読んでいただくとわかると思いますが、肥満=メタボではありません。メタボは肥満 +(高血圧・高血糖・脂質異常のうち2つ)に該当する方です。メタボ予備軍は肥満 +(高血圧・高血糖・脂質異常のうち1つ)に該当する方です。

それはさておき、高血圧の原因もメタボ・肥満とされています。高血糖の原因もメタボ・肥満とされています。脂質異常の原因もメタボ・肥満とされています。今やどこへ行っても、メタボ・肥満も「百害あって一利なし」のような扱いを受けてしまいます。それほどメタボ・肥満は生活習慣病のリスクがあり、非常に危険な状態にあるという認識に至っていると言うことです。

私は、肥満でもありませんし、メタボにも該当していませんでしたが、メタボの診断基準の一つである脂質異常には当てはまっていました。それでもお腹が出てきたのは確かなことでしたし、健康診断で脂質異常が出たことから、とにかく運動不足、運動して今よりも痩せなければいけないと思っていました。当時、運動はがんばっていたつもりです。がんばっていましたが心筋梗塞で倒れてしまいました。そのときの状況はトップページの心筋梗塞体験記を参照してください。

そう、このように、メタボの診断基準のどれか一つに当てはまっているだけで、危険なのですから、メタボ・肥満の方は、実は私よりももっと危険なはずです。もしご自分が肥満と感じていたら、もしご自分がメタボと診断されていたら、無理してでもとにかくダイエットをして痩せるべきですし、減量してメタボ・肥満の現状を解消する必要があります。

肥満となってしまう理由と私が5kg痩せた方法

基本的に、肥満となる理由は単純なことです。現代人は食べ物を食べ過ぎる傾向にあります。いくら少食だと言っても、昔の人に比べたらそれは多いはずです。要するにインプットが多すぎるわけです。(食べ過ぎ)

そして、本来は運動をしてその食べた物を消化すべきなのですが、運動不足により消化しきれずに脂肪となっていきます。要するにアウトプットが少なすぎるわけです。(運動不足)

インプットが多くてアウトプットが少ないから肥満になるわけで、これらを解消すれば肥満も解消するということです。

私の場合、コレをやって5kg痩せた!というはっきりとした方法がわかっています。いろいろ試してみた結果こちらの結論にいたりました。簡単な方法ですから、今からダイエットをしたいと思っている方は是非一度試してみてください。

アウトプットを増やせ!

要は運動をしましょうということです。ただし、私は半年間毎日10kmを走っても痩せなかったのに、半年間毎日1時間以上歩いたら5kg痩せたという経験があります。歩くといってもちょっと早めに歩くというところがポイントなのですが、普通に歩くよりも早めに歩くことを心がけて下さい。普通に歩く歩幅よりも1.5倍のスピードで歩いてみるとか、2倍のスピードで歩いみるとか、そういった感じで良いです。走るほどがんばるような運動をしない方が良いということです。がんばらなければならない運動は続きませんし。これまでの結果からわかっている通り、要は走るという無酸素運動よりも、歩くという有酸素運動のほうが効果的なわけですから、とにかく軽く歩いてみるというだけで良いので無理せず運動を始めてみてください。歩くだけだったら簡単に始められるでしょう。

インプットを減らせ!

そうは言っても、アウトプットを増やすには限界があります。まず、1日のうちにそんなに時間を取ることができませんし、運動する量にも限界があります。だからアウトプットは増やさなければならないのですが、無理はしないようにしましょう。アウトプットも適度が大切です。

そして次はインプットを減らします。私が行っていたのは簡単なことです。夕飯の量を減らすだけです。たとえば今まで大盛りを食べていたのを普通盛りにする。ビールを飲んでいたところを控えるようにする。ただこれだけです。特に夕飯はカロリーを摂り過ぎる傾向にあるので、減らせるのであれば減らせるまでがんばりましょう。その代わり朝は何でも好きな物を食べて良いことにします。そうすれば、明日の朝になれば好きなものが食べられる!と思えば夜も我慢して寝てしまうことができます。朝になっても好きな物を食べられるような時間もあるわけではないのですが。。私はこのようにしていました。

現在の私は、心筋梗塞後の食事制限もあって、朝は食べないorバナナorヨーグルトです。ヨーグルトは動物性のものなのであまりよくはないのですが、脂質0のものにしています。ヨーグルトにも塩分は入っているので要注意です。

rect4282

お昼は大体そばです。90%はそばです。たまにお付き合いで他の物を食べる時もありますがほとんどはそばです。

ちなみに間食は厳禁です。とにかく水やお茶でなんとかしましょう。味がついたものが良ければ酵素ドリンクでも飲んで、とにかく間食として固形物を摂取しないようにしましょう。

おすすめのベルタ酵素ドリンクはこちら

夕飯は割りと自由にしています。が、もちろん量は多くはしませんし、心筋梗塞の食事制限もあるので普段は夜に納豆を食べてみたり質素な夕飯にしています。もちろん飲みに行くときもありますが、そういったときは自由にするようにしています。

食事では、出されたものは残さず食べるというのは大切なのですが、私の場合は、心筋梗塞になってからは大変申し訳ないとは思いつつも、出された食事でも残すことが多いです。例えば漬物は塩分が多いため全く食べなくなりましたし、味噌汁も具だけを食べるとか、上澄みだけを少し飲むとか、塩分や脂の多そうなものは残してしまったりしています。

心筋梗塞の食事制限と話がごちゃごちゃになってきましたが、とにかく、意識してインプットを減らすことはメタボ・肥満を解消するには大切なことです。生活習慣病の恐れもあるので、こちらの食事制限(食生活を改善する)と併せてインプットを減らすことをオススメします。

メタボ・肥満解消まとめ

まとめるとこういうことです。私の場合はとてもシンプルです。でもこれを継続してみてください。私は5kg痩せましたよ。

運動する(アウトプットを増やす)。

 とにかく歩く。

食事制限をする(インプットを減らす)。

 夕飯の量を減らす。

くれぐれも間食はしないように!とにかく水やお茶を飲みましょう!水やお茶は1日に2Lは飲むように推奨されています。2Lの水分を飲むというのは結構大変ですが、どうしても痩せたいならがんばりましょう!味がついたものが良ければ酵素ドリンクでも良いです。とにかく健康でいるためのダイエットですから何がなんでもがんばらなくてはなりません。がんばりましょう!

おすすめのベルタ酵素ドリンクはこちら