糖尿病の原因から対策まで!動脈硬化になる前に血糖値を下げる!

糖尿病とは?

糖尿病とは、血糖値が異常に高く、高血糖の状態をさす病気です。このサイトでは生活習慣病としての糖尿病を扱うこととしますが、糖尿病患者の90%がこの糖尿病に当てはまります。(2型糖尿病

そしてこの生活習慣病としての糖尿病は予防可能な病気ですが、放っておくと心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす原因にもなるので注意が必要です。

糖尿病の原因。血糖値とは?

血糖値とは、血液中のグルコース(ブドウ糖)の濃度のことを言います。

通常ヒトの血糖値は、

 血糖値を下げるインスリン

 血糖値を上げるグルカゴン、アドレナリン、コルチゾール、成長ホルモン

などのホルモンの働きにより正常値に保たれています。

ところが血糖値が高くなった場合、血糖値を下げようと調節するホルモンはインスリンのみなのですが、このインスリンの調節メカニズムが破綻してしまうと、糖尿病を発症することになります。

この時の症状は大きくわけて2種類あります。

 インスリンの分泌が低下した場合

 インスリンは出ているけど血糖を下げる作用がうまく働かない場合

ペットボトル症候群

清涼飲料水には糖分が多く含まれます。この清涼飲料水を毎日大量に飲むだけで糖尿病性ケトアシドーシスという重要な疾病を起こす場合があります。

これをペットボトル症候群と言いますが、近年では、このペットボトル症候群が進行して糖尿病を発する患者が増えています。

糖尿病の症状

糖尿病は自覚症状がないまま進行することが多く、健康診断ではじめて気づくことも多いと思います。サイレントキラーと呼ばれ、症状が出てもそれが糖尿病の症状とも気づかないまま、放っとくと心筋梗塞や脳梗塞などの重大な疾病になる可能性があります。

その中でも症状として、

喉が渇いて水分を多く摂取する

尿の量が増える

体重減少

疲れやすい

などがあります。

糖尿病の合併症

これらの糖尿病の症状を放っておくと様々な合併症が生じるようになります。

細い血管にみられる糖尿病に特徴的な合併症に糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経症などがあります。これらは糖尿病の3大合併症言われているものです。

糖尿病網膜症
目の中の網膜の血管が障害を受け、目のかすみや視力が低下する病気です。症状が進行すると、網膜剥離や縁内症などの病気を併発して失明してしまうこともあります。

糖尿病腎症
腎臓の機能が低下し、高血圧状態が続き、尿中にたん白が出たり、体がむくむなどの症状があらわれます。症状が進行すると、腎不全や尿毒症など生命にかかわる病気の原因にもなります。また、腎不全になってしまうと、人工透析を受ける必要が出てきてしまいます。

糖尿病神経障害
神経が障害され、手足の先に痛みやしびれといった症状が生じます。気づかないうちに末梢神経が障害され、感覚が麻痺して鈍くなったり感じなくなったりします。足に傷を負っても気づきにくく、そこから細菌に感染し、切断をしなくてはならない状況になることもあります。

また、糖尿病の場合、動脈硬化を起こす可能性もあります。動脈硬化は私が経験した心筋梗塞(狭心症)脳梗塞といった死に至る病気にもなります。

このように糖尿病は進行すると重大な疾病に繋がる恐ろしい病気です。取り返しがつかなくなり前にしっかりと予防していきたいものです。

糖尿病の予防と対策

2型糖尿病の予防や対策、治療の基本は運動療法と食事療法です。基本的なダイエットと同じ考えです。

有酸素運動で血糖値を下げる

運動する時間を確保するのも大変な現代人ですが、少しでも時間を見つけて有酸素運動をするように心がけると良いでしょう。

私の経験から、半年間10kmを毎日走るよりも、半年間1時間を毎日歩いた方が良いと思います。私はこの方法で5kgは痩せました。

有酸素運動は血糖値を下げるだけではなく、血中の中性脂肪値も下げてくれます。とにかく、有酸素運動は良いことだらけですから、とりあえず1日5km歩くことを目安にがんばってみると良いでしょう。

くれぐれもハードな運動をする必要はありません。続けることが大切です。

糖尿病の食事・食べ物

糖尿病の場合、炭水化物の過剰摂取は血糖値が上昇してしまうので、主食は控えめにする努力をしましょう。食べ過ぎも血糖値を上げる原因になるのでやめましょう。

要するに炭水化物を含め食べ過ぎには注意ということです。

私は心筋梗塞を経験しましたが、心筋梗塞に限らず、脳梗塞や末梢動脈疾患などの動脈硬化、それから糖尿病を予防し対策をとるための食事・食べ物に関しては食生活を改善しなくてはなりません。どういった食生活に改善するべきか、という点においては、こちらの「食生活を改善する-心筋梗塞にならないために-」「脂質異常をやわらげる、心筋梗塞を予防・改善する食事や食べ物」を参考にしていただければと思います。

基本は、こちらを実践しつつ、炭水化物も控えめにするということで、後は、栄養素をバランスよくとる事が大切です。

スポンサードリンク

血糖値を下げるなら補助的に。サプリメントで。
高めの糖が気になる方に【サラシアプラス】