診療明細書(2016年3月3日)-心筋梗塞・狭心症での入院時-

診療明細書

診療明細書に関しては、こちらの1回目の入院(心筋梗塞で入院)した時の「診療明細書(2015年8月6日)」や2回目の入院(狭心症で入院)したときの「診療明細書(2015年8月23日)」を参考にしてください。診療明細書は、何にいくら(点数方式)の費用がかかっているかという領収書のようなものです。

今回の場合は、合計点数が19,248点です。1点が10円になるので、かかっている医療費は192,480円になります。このうち、私の負担分は3割になりますので、自己負担額は192,480円 × 30% = 57,744円です。今回の入院は、限度額適用認定の対象外です。ですからこちらの金額をお支払いしています。

限度額適用認定について考えてみると、

1回目(2015年8月6日)の入院:限度額適用認定

 10万円程度のお支払い

2回目(2015年8月23日)の入院:限度額適用認定

 1万円程度のお支払い

3回目(2016年3月3日)の入院:限度額適用認定対象外

 5万円程度のお支払い

私の場合は、難しい手術を受けて、そのおかげで今こうして何事もなく生きていられるので医療費うんぬんに関しては、とやかく言えるような立場ではなく、むしろ、ありがとうございました!という感じなのですが、こうやって並べてみると、難しい手術の方が金額的に安かったりするという。。不思議な感じもします。

実際にいただいた診療明細書

診療明細書_201602_01

診療明細書_201602_02